ごぼう茶にある副作用とは?

ごぼう茶は基本的に食品なので副作用はありません。

 

ただしまれに胃痛や下痢などの症状を起こすことがあります。サポニンと呼ばれる物質が含まれています。

 

サポニンの成分の副作用でまれにそのような症状を起こすことがありますが、普通の量で飲んでいる場合はめったに胃痛や下痢は起きません。ただ飲み過ぎると下痢を起こすことがあります。ごぼうには多量の食物繊維が含まれています。

 

飲み過ぎると食物繊維の影響で多少お腹が緩くなることがあります。しかし通常の量を飲んでいる限り、このような副作用を心配する必要はありません。またまれにごぼう茶を飲んで眠気や口の渇きをおこすことがあります。

 

もしこのような症状がでたら一度飲む量を減らして様子を見て下さい。気になるのなら一度にたくさん飲まずに少しずつ飲む量を増やしてみて下さい。症状がでない程度の量を飲むように注意して飲み続けてみて下さい。

 

ごぼう茶には副作用を心配するよりもすばらしい効能や効果がたくさんあるので、むしろ良い面に注意を向けて飲むようにしてみてはいかがでしょうか?特にドクター南雲の推進するあじかん焙煎ごぼう茶には優れた成分がたくさん含まれています。

アレルギーの反応がでる?

ごぼう茶はすばらしい食品ですが、キク科のアレルギーがある方には少々注意が必要です。

 

まれに、キク科のアレルギーがある人が飲むと花粉症と同じように目のかゆみや鼻水、くしゃみなどの反応が現れることがあります。めったにないことですが、もしアレルギー反応が心配なら、すこしずつ飲んでみて大丈夫な量のごぼう茶を飲むようにしてみてはいかがでしょうか?ごぼう茶にはアンチエイジングや免疫力効果があります。

 

また動脈硬化や血栓の予防など生活習慣病の予防や対策にもすばらしい効能が期待できます。せっかくのすばらしい効能をアレルギー反応で無効にしないように、アレルギー反応が心配な人はまずは量を一度に飲まないこと、飲むときは少しずつ飲んでいって安心・安全な量を見極めることをお勧めします。

 

また同様に食物繊維が含まれているのでまれにお腹がゆるくなることがありますが、通常の量を飲んでいる限り心配することはありません。

 

味わいも良く癖もないので、食事の前後や食事中にもとても飲みやすいごぼう茶を毎日の健康づくりに役立てることができます。薬とは違うので、即効性はありませんが長く飲み続けることで体質改善が期待できます。